« 葛飾の親鸞聖人② | トップページ | 秋の法座 »

2019年7月25日 (木)

本願寺 安居

毎年、7月18日から二週間の安居(お釈迦さまの頃、雨季の無用な殺生を避けるため、僧侶が一箇所に停留して仏道修養に励む期間がルーツ)が、2014年から六度目の懸席(参加すること)となりました。

例年、送り出してくれる家族や門徒さんに感謝しつつ、全国から同じように集まってきた僧侶たちと研鑽に励みます。

安居のスケジュールは基本的に、午前7時頃から読経、それから三箇の和上(能化ノウケのこと、教える人。教わる人は、所化ショケ)による講義があり、それから大衆(全国から集った参加者)による会読(問答を通して、浄土真宗の法義を削り出していく方法)があります。

ところで毎年の恒例、源信和尚、源空聖人、親鸞聖人がご修行になられた地である比叡山(848㍍)へ徒歩で参拝しています。

初年は、六角堂と山を結ぶ雲母坂キララザカの赤山禅院から分け入り、根本中堂から西塔を経て黒谷へ。

翌年は、東山トレイルの道から頂上、次いで黒谷から横川ヨカワへのルートを覚え、

今年は、黒谷から横川、2度目は横高山、仰木峠を経て大原へ。

蜘蛛、蛇や蜂、山蛭など、ちょっぴり危険な生き物もいるけれど、比較的のんびり山歩きを楽しみました。

いくつかの写真でご案内。

 

2f7d9c8ffa46410f8175f1f81613f5ad

八瀬の先、黒谷 青龍寺(法然聖人修学の地)への登山口。

F2eeaa60b852459c92def86007b3750a

グーグルマップには載っていない山道、結構ハードです。

1474bc4d2e1b471281e4a31f7368f671

青龍寺。天台宗ですが、浄土宗が管轄。

654c7782ebee41a2b1a2b7330139a357

黒谷からまだ登る行者道への階段

90fd4b848d9848ee999cd2e723d189ef

パーキングエリアには伝教大師の像と、「草木国土悉皆成仏(人も草木も存在するものすべてが仏性を持ち、みな仏になる可能性を持っている)」の涅槃強からの引文が石碑に刻まれていました。法華一乗。
今年の副講「唯識論尋思鈔」に説かれた「三祇即一念、五姓即一乗」の義、解脱坊貞慶が歩まれた-こよなき道-。そして「信心仏性」の論題を思います。

6420b494e5c54fceb2eca4ab6bcdd83e

この歩道は叡山のなかで、二河白道と呼ばれているところ。

0077f671005a4f608dfd8d4b4e24a24d

玉体杉。千日回峰の行者は、ここで帝都へ向かい読経し、国家の安泰を祈った。

0ef5acbe83804b03ac988be6b46f2bbb

これが、その景色。写真では見えにくいけど、ここから市内が一望できます。

2f8fc46160564ddd818dbc098f66d75e

滋賀おごとから横川へ至る元三大師道。

正月3日に命終したので、元三大師。おみくじの創始。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%89%AF%E6%BA%90

E85aa39fbec34ee18ec7c3fe31cf31e4

横川へ到着。

このあと、雷も降って来たので横高山(767㍍)・水井山(794㍍)・仰木峠を経て大原へと続く険しい山道。

 

声明ショウミョウ(慈覚大師円仁が唐から輸入した仏教音楽)を伝える魚山三千院の写真は、撮りそびれました。

« 葛飾の親鸞聖人② | トップページ | 秋の法座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 葛飾の親鸞聖人② | トップページ | 秋の法座 »