« 墓苑の営業時間を短縮しています | トップページ | 5月の例時法座 »

2020年4月25日 (土)

またまたおしらせ

Hoza1

中志津のユタカ(仮名)も、かなしそうに見えた。

Img_9286-2

 

 

卯月中旬に門徒さんから「写経を奉納したいのですが」と電話がありました。

てっきり薬師寺で高田好胤さんが勧進なさった般若心経かと思ったら、浄土の妙典です。

読誦ながら校合して印をついたら納めます。意味は分からないと仰っていたけれど、まずもって字がきれい。

Img_9302-2

 

 

そしてもうひとつ嬉しいのは妻が、帰敬式で用するオカミソリをしまう鞘をこさえてくれたこと。

刺子によるペウベルとパドマの意匠。

Img_9364-2

Img_9363-2

 

そんなわけで、ウィルスの禍難に在っても、ささやかな幸せを味わっている。

ところで世の中の幸せは、見る影を潜めているようです。おおきなおおきな不安に圧し迫られて。

昭和43年、チータは「しあわせは 歩いてこない/休まないで 歩け♪」と歌った。

くじけずに歩きつづけたら、いつか「しあわせ」を手に入れられるのだろうか。

 

おしえてお釈迦さま

 

お経のなかで「幸」の字は「ねがい」という意味を示したりする。しかしそう読まない現在ではイメージしづらいので、「~して下さいましたら、これ幸い存じます」あてはめてみる。

シーンは、弟子が師匠にうやうやしく申し上げるところ。

たとえばジェダイナイトが、マスターに「フォースを欲望や憎しみの糧にはしません。そしてシスからの誘惑を退け、恐怖に屈しないジェダイとなります。これを条件として私をマスターに認めて下さいましたら、これ幸いに存じます」とねがうように。

お経の場合は、法蔵という菩薩が、世自在王という師仏に対して、「すべての人々を苦しみから解放し、かならずしあわせにすると誓います。これを私が仏になる条件と認めて下さったなら、これ幸いに存じます 」と申し出る。

この前提となった物語があるので、そのことをお話ししないとよくわかりません。それはつぎのとおり。

むかしむかし世自在王という仏さまがいました。ある国の王さまがその仏さまから教えを聞くと、とても嬉しくなってしまいました。そしてついに国も王位も捨てて菩薩(仏道をあゆむもの)となり、法蔵と名のりました。

そして先ほどのシーンがおとずれ、「幸」の字を用いて法蔵菩薩の”ねがい”が示されるのです。

次いで法蔵菩薩は師匠の指南を仰ぎ、21,000,000,000バリエーションの仏さまの国の成り立ちや国民の素性をみせてもらって、ひととおり検査し、自分は誰もが成仏することのできる浄土を作ろうとジックリよく考えたのだ。頭がバクハツするほどに。

いよいよ48の願いをたてて(ユニバーサルデザインの浄土を建設するための設計図のような)、ひとつひとつの完遂に自らの成仏をかけて誓いました。

しまいには、かさねがさねコンパクトな「南无阿彌陀佛」の名になって、十方(東南西北とそのあいだを合わせた2D、それから下のレイヤーから上のレイヤーまでぜんぶ合わせた3D)へ声に響かせて聞かせましょう、この”ねがい”を!」という修行を選ぶことにして、宣誓されたといいます。

 

これが「南无阿彌陀佛」という仏さまになった法蔵菩薩の「幸」のおおまかな内容。すると、くじけず休まず歩きつづけて、いつか手に入れようとしていた「しあわせ」は、もうどうやら、ここに来てるんですよね。

歌詞に綴られた、戦後の貧しさの中で祖父母の生きた世の中が追い求めた物質的な満足を意味する「しあわせ」とはひと味ちがうかもしれない。

法蔵菩薩の「幸」は、ぼくを苦しみから解放すること。世間の親だって、子を苦しませたくない、自分が食べれなくてひもじかった同じ苦しい思いをこの子にはさせたくない。そういう心ぶりは通じます。がしかし、あたしらが思いつける程度の苦しみからの解放と、仏さまがなさる苦しみからの解放は、やっぱり根本的にちがう。違うことはわかるけれど、どう違うのかは難しい。その難しいところを名に納め、「ナマンダブ」と聞かせて解放してしまうのが、たくみのわざ。

手に入れる前に向こうから入って来た、この仏さまの「幸」にであってしまうと、いままであたしが考えていた「しあわせ」に対する評価が、すこし変わるかもしれない。

 

日がな春をさがし、藜(あかざ)の杖をついて幾重の雲を追いながら草鞋を踏み破ったけれど、春は見つからなかった。家に帰って、試しに梅の梢(こずえ)をとったら、春は枝のいただきにあって、すでに充分(※筆者意訳)」という、宋の詩人・戴益(たいえき)が詠んだ漢詩を思います。

「しあわせ」はいつもここにある。みうしなうばかりの、あたしのなかに。

Img_9287-2

 

弥生、中志津のユタカ(仮名) の傍にほころぶ梅。まもなく梅雨の季節へ。

 

かたつむり どこで死んでも わが家かな   小林一茶

 

 

« 墓苑の営業時間を短縮しています | トップページ | 5月の例時法座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 墓苑の営業時間を短縮しています | トップページ | 5月の例時法座 »