« 4月の例時法座 | トップページ | 墓苑の営業時間を短縮しています »

2020年4月 8日 (水)

令和2年の“はなまつり”お釈迦さまの降誕会

ものごとがパアになった時、「おシャカになった」という。

立ち往生と同じようなニュアンスかと思っていたけれど、少し違かった。

立ち往生は、比叡の荒僧・武蔵坊弁慶が岩手県の南 衣川(現 奥州市)で、頼朝の手勢に討たれ果てる時のすがた。

転じて、渋滞などにハマってにっちもさっちもいかない状態をいうよう。

往生は浄土に生まれることだから、ホントは死ぬことがみな往生と言うわけではないのだけれど(ここだけのはなし)。

後世も知らず「往生したわ~」と軽々しく言ってしまっていたのは、大かた再び苦界へ生まれ戻り、寺の住職でもさせられているのだろう。

翻り、おシャカ。むかし鍛冶屋が鋼をうつにあたって、幾分の火の加減で使い物にならなくなったという。

江戸の町人は「ひ」を「し」と言いたがるから、「火(し)が強かった」「しがつ(4月)よか(8日)った」でお釈迦さまのお誕生日。

「おシャカになった」と言うようになった、と 小さん が云々。

Img_9301

さて、きょうはお釈迦さまのお誕生会。ウィルスが元気なので、しゅくしゅくとお祝い。

甘茶を生まれたてのお釈迦さまへ雨ふらせる。例年ご接待の飲茶は、感染を防ぐため今回は差し止め。

お釈迦さまが説かれた仏さまの世界観は、お経に綴られている。浄土真宗の要のお経は『無量寿経』。

そこで、お釈迦さまは、ご自身がお生まれになった由縁を次のように説かれている。

 

大乗のもろもろの菩薩は願いをおこして行を修め、功徳も充分。

みな「普賢(慈悲のアイコン)」の徳にしたがい、さまざまな場所におもむいて、巧みな手だてで人々を導き、すべての仏の教えを知り、さとりの世界をきわめ尽し、はかり知れないほどの多くの世界で仏になる姿を示す。(まさにお釈迦さまの一代記をダイジェストで紹介している)

 

(もとい)まず菩薩は兜率(トゥシタ)天に住まって、次に、その宮殿から降りてきて(次回はおよそ56億7千万年後)母の胎内にやどる(釈尊伝では、母・マーヤーが夢でたくさんの牙を持った白い象が飛び込んでくるのを見て懐妊したという)。

 

やがて、右の脇(インド古典で王族のしるし)から生れて(各方面へ)七歩(ずつ)すすみ、

その身は光明に輝いて、ひろくすべての世界を照らし、数限りない仏の国土はさまざまに震動する。(寄席ならいわゆる出オチです)

 

そして王子は手を挙げ、「わたしは、この世においてこの上なく尊いものとなる(吾当於世 為無上尊)」 と自ら宣言。

ブラフマン(梵天)やインドラ(帝釈天)はうやうやしく仕え、神々や人々も崇敬する。

(『荘厳経』や『普曜経』には、「龍がぬくいのとひやいのと合わさった香水を注いだ」とある。香水はアムリタ:甘露。不死の水。甘茶の由来)

 

王子は、文武両道。まさにスター誕生。アイドルそのもの。宮城で多くの欲望に晒される。しかし世間や人々の無常のすがた(生老病死)に触発されて出家。

有名なシッダールタ太子の伝記になぞらう(詳しくは手塚治虫の『ブッダ』を参照のこと)。

 

諸国を遍歴して、巧みな説法で人々を苦しみから救済する。正法をイザ!宣べんいう時には、ニコリと微笑まれる。

そういえば、法然聖人の許を訪ねて参った、経典の道理を理解できた試しのないような市井の愚かな(あたしのような)人々を見て

「往生、必ず、間違いなし!」と、師も微笑まれていたな、と宗祖がお手紙に回顧されていたな。

 

お釈迦さま、ひととおり旅を終えなさると、一旦死ぬすがたを見せる。けれども、しかし、それで終わるわけじゃぁござぁせん。

 

身体の縛りを離れればいよいよ本領の発揮。縦横無尽に出向いて行って、先々で苦しむ人々を救済することができる。

 

教えのカナメをきわめ尽して、その「名」や、教えの言葉(お経)はすべての世界まで至りとどき、その時その場所で人々を巧みに導く。

 

何も恐れぬ智慧をそなえ、「すべては幻!」という道理をわきまえて決して執着せず、さとりの道をさまたげる悪魔の網をひき裂き、あらゆる煩悩をも打ち破る。

 

悲嘆にくれて仏教どころじゃない人も、仏道修行する人も、しない輩も皆つかまえて、あらゆる言葉を駆使して、すべてを導く。

その心は常にさとりの世界にあるから、世間の価値基準には惑わされない。

ひとりぼっちの人のために、自らすすんで親友となり、その人の苦しみを背負い引き受けてまで、導いてく。

 

ひとたびその心に宿ったならば、仏心が絶やされないように養育して護り、ルームシェアをするかの如くしてその人の心に住まい続け、

地獄や餓鬼や畜生といった、おそろしく苦難のあるところへ通じる道をふさぎ、必ずよろこびの世界へと誘う。

 

小さな子供が、親の愛を疑わず求めて止まないように、菩薩の慈悲は我らを求めて止まない。

 

まるで自分の事のようにして、さまざまな人々を見ているのである。

 

抄訳、おわり。

 

「これじゃちとよくわかんねえ」というみどもために

親鸞聖人はその内容を詩歌へと仕立ててくださっている

ので、しまいにこちらを改めてご紹介

 

久遠実成阿弥陀仏  (極楽浄土の阿弥陀さま)

 五濁の凡愚をあはれみて  (苦界の人を救おうと)

 釈迦牟尼仏としめしてぞ  (シャカ族王子と化けて出て)

 迦耶城には応現する  (ブラフマ・ガヤーへやってきた)

 

安楽無量の大菩薩  (極楽浄土の菩薩たち)

 一生補処にいたるなり  (成仏前の最終ターン)

 普賢の徳に帰してこそ  (救い残しを余さぬと)

 穢国にかならず化するなれ  (苦界の我らに会いに来る)

 

安楽浄土にいたるひと  (往生成仏した人は)

 五濁悪世にかへりては  (苦界へ遊びに出で来たる)

 釈迦牟尼仏のごとくにて  (おシャカさまのようにして)

 利益衆生はきはもなし  (菩薩のお務めなさいます)

« 4月の例時法座 | トップページ | 墓苑の営業時間を短縮しています »